詳細ページ


東京都清瀬市 朝日新聞 ASA清瀬北部 
     億男
「世界から猫が消えたなら」の作者、川村元気が雑誌BRUTUSで連載した小説が書籍として登場。

宝くじを当てた主人公のお金と幸せを探す旅。

[要旨]

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。人間にとってお金とは何か?「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

●お申し込みページ●

 

川村 元気 (カワムラ ゲンキ)  

1979年、横浜生まれ。上智大学新聞学科卒業後、東宝にて映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、’11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。’12年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 

税込価格  1,512円